朝立ち(新宿・居酒屋)

11月 1, 2017

前々からゲテモノに興味があったのですが、ついに友人を誘って朝立ちという店に行ってまいりました☆

場所は新宿駅からまっすぐ北に行ったところにある思い出横丁の裏路地(狭い!)に入ったところにありました。日曜の午後三時でしたが、既に開いている焼き鳥屋もありました。

https://photos.smugmug.com/Asia/Japan/i-DCxhpfP/0/859abc2e/L/A%20Shinjuku%20alley%20with%20food%20stalls-L.jpg

混むことを予想してかなり早めに行ったので一番乗りでした☆店内は1Fと2F合わせて20名ほどがギリギリ入れるスペースなので四時を超える頃には身動き一つするのも大変です( ;∀;)

入店後カウンターのメニューを見るとさすがにゲテモノ屋、普段食べたことのない品目がずらっと並んでいました(笑)初ゲテモノ屋ということで心配だったので大将にどれが一番美味しいかお伺いしたところ「実際に食べてみてから決めてください」と一言。人によって好みも違うだろうし確かにその通りです… 大将は若々しい感じの方で下手したら30代かと思っていたのですが常連さんとの会話を聞く感じだと40代のようです

結局、メニューを見たら豚の内臓系が目についたので豚の子宮(!)、キンタマ(!)、あと飲み物はウーロン茶を開幕に頼みました
飲み物はハブ酒やニンニク酒から始まり私にはよくわからないものがたくさんありました
ハブ酒に関しては店内にアルコールにつけられたハブがおり、さながら博物館のよう(笑)
お酒が好きな人はドリンクだけで既に楽しめると思うのでそういった意味でもここはおすすめかもしれません。

早速注文したものがきて、まずは豚の子宮からいただくことにしました。
緊張しつつの一口目、これは生っぽい… と思ったのですが大量にネギも添えられており、それらと食すと結構合っていました

豚の子宮

次にキンタマ、これは美味しい 簡単に噛み切れるコリコリした感じでした
見た目がしわしわだったので最初キンタマの皮かなと思ったりもしたのですがたぶん中身だと思います…

豚のキンタマ

お次は定番といえるカエル?
一匹を丸焼きにした状態で出てきました
食べた感じはとりのささみ、あと少し魚の風味が混ざっているという感じ
まあ両生類ってとりと魚の間ですし味にも納得

次は名前から注文することを若干憚られる豚のおっぱい(笑)
キンタマと似ていてコリコリ感のあるお肉でした。
キンタマといい、これといい、なんで市販されないんでしょう
かなり美味でした

豚のおっぱい

豚で興味あるところはあらかた食べたので、次は山椒魚ってなんだっけ?となり山椒魚の丸焼きを注文
ヤモリみたいな形をしつつも小さいので個人的には抵抗感はありませんでした
サクっとしててタレがいっぱいかかっていて美味しかったです☆

山椒魚の丸焼き

最後は牛の心臓
心臓が馬刺しのような感じで出てきて、醤油か塩とニンニクと一緒に刺し身のようにして食べました
正直かなり美味しかったです
私個人としてはこれが一番かもしれない…
この頃にはゲテモノへの抵抗感はきれいさっぱり無くなっていました(笑)

牛の心臓

お値段についてですが、料理に関して一品(一皿)1000円みたいです
友人と分け合って食べたので最終的にはかなりリーズナブルな範囲におさまりました☆

以上が私が今回食した全てのメニューになりますが、思っていたより食べられることがわかりました
次来たときは魚介系のメニューもあったのでそういうのも食べてみたいと思いました

次は虫系のゲテモノ屋にも挑戦したいと思います!

朝立ちさんはみなさんにも是非一度行っていただきたいところです
その際は、私に感想を聞かせてくれると嬉しいです☆

以上レポートでした☆