2017年の漫画三選

2017年も終わりにさしかかるということで個人的に突出して面白かった漫画を紹介していきたいと思います。私は人と比べて相当な数漫画を読んでいるので面白さには自信があります\(^o^)/

とんがり帽子のアトリエ

一つ目はとんがり帽子のアトリエです。特に魔法界と関わりがあるわけではなかった主人公、とある事件がきっかけで先生に引き取られ魔法見習いになることになります。
なんといっても絵がうますぎ!純粋な上手さだけじゃなくて、構図がすごくて世界観に完全に引き込まれます。ファンタジー好きな人にはおすすめです。

辺獄のシュヴェスタ

次は辺獄のシュヴェスタ。

時代は中世、魔女裁判があった時世のお話です。魔女の疑いをかけられてしまったものは火刑によって処されていましたが、その者たちの子らは魔女の子とよばれ、修道院に入れられてしまいます。

主人公は親を殺された恨みから総長を殺すと決意しますが、修道院の環境は一筋縄ではいきません。知略や策謀にはらはらさせられ、緊張が解ける暇がありません。また、不条理や、その状況下における真の仲間との絆というものを教えてくれます。

全六巻で完結しましたのでぜひ年末年始に読んでみてください。

アオアシ

最後にアオアシです。アオアシは今までのサッカー漫画の中で一番おもしろいのではないかと思います。サッカー経験があるわけではないのですが、戦術やプレーに理屈がこもっているのが新鮮です。しかし、だからといって理屈の説明を長々とするのではなくて、それがストーリーの流れによく絡まっています。

あと、ヒロインの花ちゃんとお嬢の二人が可愛すぎるのも注目ポイント!(*^^*)
途中まで読むととんでもない展開がくるのでお楽しみに!

アオアシ(1) (ビッグコミックス)
Posted with Amakuri at 2017.12.29
小林有吾
小学館

Uncategorized

Posted by oumae